高齢の母に通話アプリの存在を教えない理由

今年で81歳の母のスマホには、通話アプリは入れていません。

電話代が安くなるのに何故?と思われるかもしれませんが、その一番の理由は「通話アプリは緊急ダイヤルが使えない」ということ。

普段は通話アプリで電話代を節約?
いざという時は普通の電話機能に切り替えて119番?
使い分ければいい

母のスマホの使い方を3年見てきましたけどね、

断言します、絶対無理!

そもそもスマホ自体「なんだかよくわからないけど便利なもの」ってくらいの認識で使っているので、「普通の電話」と「料金がお得なアプリ経由の電話(LINEの無料通話含む)」の違いを理解させるのはあきらめました。

だから少々の通話料がかかっても、アプリを使わず普通の電話の使い方だけ教えました。

いざという時に、特に119番や110番ができなかったら、パニックになることは容易に想像がつきます。

同じ理由で、ロック画面から通報するなどの便利な方法も教えていません。

いつものやり方でないとすぐに忘れてしまいますからね。

こんなことがありました

母

イオンでポケモン全然できんのやわ、なんでやろう?

「外出先でポケモンGOをやろうとアプリを立ち上げたら、いつまでたってもつながらない」

と、電話がかかってきました。

何らかのきっかけでモバイル設定がoffになっていたんですね。(多分へんなとこイジった)

私たちならアプリが立ち上がらない時点ですぐに気づくことでも、高齢者には、超難問

そこで電話してきたわけですが、この時もし普段通話アプリを使っていれば、

  • いつものように通話アプリでかける。
  • でもネットがつながらないから通話アプリは使えない。
  • つまりスマホから電話はかけられない。

ポケモンGOができない。電話で聞こうと思ったら、電話もできない。という状態になったはずです。

ゲームができないくらいならいいけれど、緊急に連絡取りたいときだったらどうなっていたか。

我々世代以上の人には公衆電話を使うという選択肢はすぐに思いつくのですが、あわてているときではそんなことすら頭に浮かばないかもしれません。

家に帰れば自動でWifiにつながり、通話アプリもポケモンGOも問題なく使えてしまうので、しばらく気が付かなかったと思います

ちなみに先日夜に停電があったそうで、固定電話が使えないのでスマホで電力会社に電話して案内を聞いたらしいんです。

もしこの時モバイル通信が切れていてたら、停電中はwifiが使えませんので通話アプリは使えません。「固定電話もスマホの電話もつながらない」となって、暗闇の中不安な気持ちでただ復旧を待ってたんでしょうね。

LINE通話教えた

LINEの使い方にかなり慣れてから(LINEの使い方を聞いてこなくなるまで)、こんな風に教えました。

「LINEの画面で電話のマーク押せば、無料で電話みたいに話せるよ」

でもそれもたまにしか使わないので、今でも何度も聞かれますよ。

「どうやってやるんやったっけ?」

いつまでたってもそんな感じですが、普通の電話のかけ方は覚えているみたいなのでOKです。

まとめ

スマホで長電話する人だったら通話料金のことも気になってきますが、母の場合はたま~に数分程度しか使わないようです。

その程度の使い方なら、節約できてもせいぜいひと月数十円程度でしょうから、このまま教えないでおこうと思います

楽天モバイル検討中

それから、母はLINEモバイルを使っています。「500MBまで無料のキャンペーン中(500MB使わないので無料)」「現在のところ利用にトラブルはない」のでずっと使っていますが、楽天モバイルへの変更も検討中です。

最近知ったのですが、楽天モバイルの契約者専用の通話アプリ「Rakuten Link」だと、緊急ダイヤル(110番・119番など)にかけた時、通話アプリから通常の電話に自動で切り替わるそうです。その他の通話も無料だそうで、

なんと、この記事で書いたことが一気に解決!

母の行動範囲でちゃんとつながるかどうかだけ確認してからにしたいので、楽天モバイルに変更するのはもう少し先になりそうですが、その時はまた記事にしますね。

楽天モバイルはこちら

追記:楽天モバイル契約しました!

楽天モバイルは高齢者向けに使えるのか?契約してみて思ったこと