『恐謎-ある漫画家が残した黒い手紙』謎解きキット感想

楳図かずお先生の「おろち」とtakarush BLACK LABELのコラボ商品?でいいのかな。
お家でできる謎解き『恐謎-ある漫画家が残した黒い手紙』をやりました。

発売されたのは何年も前で、もともとは周遊型の謎解きイベントだったそうです。
家で楽しむ謎解き用にアレンジしてあるのか、なんの違和感もなく最後まで楽しめました。

難易度はそこそこかな。ちょっと悩んでサクサク解けるので、脳が疲れない程度におもしろい。

所要時間は、我が家の場合、2人でやって1時間半くらいだったと思う。

ストーリー

「黒い手紙」を受け取るところから始まります。いわゆる「不幸の手紙」ってやつだ。

うちにも昔、届いたことあるな~。止めたけど。

この「黒い手紙」の呪いを解くために、最初にこの手紙を出した人物をさがしだすのが目的なんだけど、

「おろち」の新作を謎を解きながら楽しむようなスタイルで話が進みます。

でも絵は描きおろしではなく、「おろち」のコマを使って新しいストーリーとして作ってあるのね。
登場人物も「恐謎」では別キャラとして使われてる。

だから、漫画をを読んだことがあっても、ヒントにもネタバレにもなってないんだ。

「おろち」好きには当然ながら、楳図ファンにはおなじみのキャラクターがちょっと登場するのもアツい。

おろち好きで楳図かずお好きの夫は、
「さとるか~」
「まりんだ」
といった感じで、私の知らないお楽しみがあったみたい。

エンディングは2パターンあるので、両方楽しもう。
とくに「おまけ謎」の方のエンディングは、これぞ「おろち」の世界観。お~、いいねぇ~。

謎解きも終盤になってくると、頭の中は「早く漫画読みたい」って気持ちでいっぱいでした。

もちろん終了後は、本棚やクローゼットから引っ張り出してきて、10数年ぶりくらいに読み返しましたよ。

「あ、このコマ使われてた」
「この登場人物があの役だったな」

ってな感じで、2度おいしい『恐謎-ある漫画家が残した黒い手紙』でありました。

楳図かずおファンでまだやってない人、おすすめですよ~。

※『恐謎』は、Yahoo!ショッピング内の「タカラッシュ公式ショップ」で買えます。