夫婦ふたりマンション暮らし、非常用持ち出し袋の中身

防災グッズのセットを買えば楽だけど、夫婦ふたりのマンション住まいなので、一軒家に住む人や2世帯以上の家庭とは防災の備えが違うはず。

一人分の持ち出し用バッグに入れるものをリストアップしてみた。

自宅非難用の備蓄に関しては、以下のページで紹介していますのでご参考に。

自宅サバイバル用備蓄・2人暮らしのマンション住まい

半年に一度入れ替えするもの

飲料水
500mlペットボトル×3本。
非常食
カロリーメイトやウィダーインゼリーなど。
医薬品
セイロガン・イブ・アレルギー薬などいつも飲んでいる薬。

使用可能かチェックするもの

エネループ
普通の乾電池ではなくエネループを半年に一度満タンにします
懐中電灯
中に入れたエネループも充電
モバイルバッテリー
満タンに充電、ちゃんと使えるかも確認
ウェットティッシュ
乾燥していないか確認

貴重品類

書類のコピー
銀行口座・健康保険証。
現金
小銭も入れて5000円くらい。
10円玉・テレカ
スマホが使えない場合の公衆電話用。
身内の連絡先
スマホが使えないと電話番号もわからないようでは困ります。

その他の必要なもの

マスク
ほこりなどのアレルギーがあるので多めに用意。
洗面用具
旅行用歯ブラシと液体歯磨き。避難先で水が使えないときのために液体にした。
携帯トイレ
どこに行っても行列のはずなので、待てないときのために。
トイレットペーパー
携帯トイレがあっても拭くものがないと・・・。
十徳ナイフ
家にあったので
タオル・軍手
併せていろいろ使えそうなスーパーの袋に入れて保管。
雨具
両手が使えるように傘よりレインコート。
下着
何日の避難になるかわからなくても1日分の予備があればどうにかなるかな。
筆記用具
メモ帳と油性マジック。

以前は入れてたけどはずしたもの

ライター
火が必要なものは入れていないので
ラジオ
スマホでいい バッテリーを忘れないようにする

いざ非難する時に忘れないようにすることなど

財布とスマホを持ち出す。

ヘルメットは検討中。御嶽山が噴火したとき、
「ザックをのせて頭を守った。中の魔法瓶がぺしゃんこになっていた。魔法瓶のおかげで助かった」
といった内容のインタビューを聞いてから、ヘルメットの重要性を感じているのだけれど、どれを選べばいいのかまだ悩んでいます。
ただ、「ヘルメットが必要な避難」をイメージすると、マンション内にとどまって自宅非難のほうが現実的な気もします。

そのほか濡れたら使えなくなってしまうものは、ジッパー付きポリ袋に入れておくことも重要です。

もしもの時のための非常持ち出し袋ですが、一生出番のないことを願います。